· 

②アンタナナリボからモロンダバ 快適バス 行き方

お金に余裕がある方は100%飛行機で行くことをお勧めします!

バスで行こうと考えている人は今回紹介するバス会社を使うことを強くオススメします。

タクシーブルースでも行けますが人数が集まらないと出発しなかったり席が決まっていなくボロボロの車で行くことになります。

バス会社 Cotisse

【バス会社HP】https://cotisse-transport.com/wp-content/cache/all/index.html

料金はなんと片道Ar 45,000(1,500円)とかなり安い

もし帰る日にちが決まっているのであれば往復でとっておいた方がいいです。

片道13時間って結構しんどいです。

席順が本当に重要です!後ほど説明します。

モロンダバ 快適バス 行き方

店舗情報

モロンダバ バスチケット売り場

重要!バスの席順

先ほども書きましたが席順で天国か地獄かに分かれます。

僕は行きは後ろの右から2番目で寄りかかれないし席は狭いし最悪でした。

もちろん悪路もあるので本当に疲れました。

帰りは一番前の席でした!足も伸ばせるし写真を撮る余裕さえあるぐらい快適でした。

※途中で寄るレストランですが平気でボッタクって来ました。何回言っても少しづつしかお金を返してくれない。。。

Cotisse社の前はタクシーブルースがたくさん停まっていて、朝から大賑わいでした。

行くときはタクシーでCotisse社の敷地の中まで入った方がいいです。

敷地の外はいろんな人にひたすら声をかけられました。。。

受付は奥です。

受付で荷物を預けると荷物にガムテープで行き先を書かれます。

従業員がバスまで運んでくれるのでくれます。

※チップは不要

お昼休憩場所

ボッタクリ注意。

あと席を早めに確保することをお勧めします。

メニューは全てフランス語ですが人気メニューは写真付きなので安心してください。

途中エンジントラブル。

出発して1時間するとガソリンスタンドに寄りますがそれ以外の休憩はトイレはないので、外でしていました。

男も女も草むらの中でしていますのでトイレットペーパーは忘れずに!

モロンダバ到着

モロンダバの街は店が閉まるのが早いので到着した20時にはどこもツアー会社がやっていませんでした。

私たちは時間がなかったので、ソニーも探しましたが簡単には見つからず・・・

しかしホテルで食事をしているとソニーが!

次の記事でモロンダバの紹介しています。